旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

水着で混浴。海外の温泉文化は日本とこんなに違う

坂本 正敬
坂本 正敬
2019/01/23

温泉は「男女で水着」が世界の温泉スタイル!?

カムチャッカ半島の温泉 image by:Alexander Piragis/Shutterstock.com

日本には豊富な源泉があると言いましたが、世界的に見て温泉の入り方日本はユニークです。

例えば、かつてシェアハウスで同居したロシア人たちに聞くと、ロシアの中でも源泉の多いカムチャッカ半島にある温泉は、河原に露天風呂が文字通り露出していて、真冬でも男女が水着を着て泳ぐと言った、レジャーに近い要素があると言います。

保養地の天然温泉であっても、男女で水着といったスタイルが基本となっているのだとか。

男女で水着になって、水かきをしながら体をくつろがせる入浴スタイルは、何もロシアだけではありません。同じく源泉が豊富にある南半球のニュージーランドも一緒です。

ニュージーランド・タウポにある「Spa Thermal Park」image by:Jan Jerman/Shutterstock.com

筆者は同国の北島の温泉地を旅した経験がありますが、現地の人たちは河原の天然温泉や温泉入浴施設で、水着を着て気持ち良さそうに泳いでいました。

ニュージーランド・フィティアンガの「Hot Water Beach」image by:ChameleonsEye/Shutterstock.com

ウラディミール・クリチェク著、種村季弘・高木万里子訳『世界温泉文化史』(国文社)を読むと、ロシアでの温泉浴はピョートル一世がヨーロッパを旅して周り、ロシアに持ち帰ったところから歴史が始まると書かれています。

その文化の源流であるヨーロッパの温泉も、やはり水着を着て男女で泳ぐように入浴するスタイルが主流のようです。

イタリア中部の秘境温泉・サトゥルニア image by:Tupungato/Shutterstock.com

もちろん、江戸時代の有馬温泉の絵画などを見ると、日本でも男女が一緒にお風呂に入っている様子が描かれています。ふんどしなども着用したままですから、日本でも昔と今では入浴スタイルが違っていたみたいです。

しかし現代は基本的にタオル1枚も湯船には入れられません。一部で水着の着用が認められる露天風呂なども確かにありますが、むしろ違和感がありますよね。男女が別々の浴槽に分かれて、全裸でじっと動かず入浴するスタイルがやはり日本流です。


男女の隔てなく「水着を着て泳ぐ」という世界の感覚とは、やはりちょっと異なっていると言えそうですね。

翻訳家/ライター。1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の紙媒体、WEB媒体に日本語と英語で執筆する。 主な訳書に『クールジャパン一般常識』(クールジャパン講師会)。

水着で混浴。海外の温泉文化は日本とこんなに違う
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 富山 ダム湖から復活した、船でしか行けない秘湯「大牧温泉」 ★ 686
 富山 トロッコ電車の始発駅。絶景と温泉を一度に味わう富山「宇奈月温泉」 ★ 19
 富山 交通手段はトロッコ電車のみ。山奥の秘湯「黒薙温泉」 ★ 226
 石川 桟橋から船でチェックイン。イルカも暮らす能登の名湯「和倉温泉」 ★ 162
 国内 「ひとり温泉」が流行中?温泉に対する意識調査、意外な結果が見えてきた ★ 141