旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

一生に一度は行きたい、美しき「小京都」5選【関東甲信越・東北エリア】

ニッポン津々浦々
ニッポン津々浦々
2020/02/07

小京都」とは、京都に似た景観や、歴史的な関わりがある町に名付けられた愛称のことです。日本には全国各地に「小京都」が存在し、旅行雑誌などでもよく特集を組まれるほど、コアな人気を集めています。

そこで今回は、関東甲信越・東北エリアに絞って、魅力あふれる小京都をご紹介します。

角館/秋田県

image by:aiyoshi597/Shutterstock.com

秋田県の「角館(かくのだて)」は「みちのくの小京都」とも呼ばれ、武家屋敷桜並木が続く城下町です。

image by:aiyoshi597/Shutterstock.com

当時の面影を残したままの武家屋敷が並ぶ内町(うちまち)と、商人の町・外町(とまち)2つのエリアがあります。外町には古い建物を活かしたショップやレストランもあるので、観て・歩いて・食べて楽しめる観光地となっています。

image by:amosfal/Shutterstock.com

桜の街としても有名なので、ぜひ桜が見ごろな時期に行ってみたい街ですね。

湯沢/秋田県

湯沢 絵どうろうまつり image by:(一社)秋田県観光連盟

秋田県の「湯沢」はスキーなどウインタースポーツのイメージがあり「小京都っぽくない」町にも見えますが、お祭りシーズンになるとその景色は一変します。

夏の「七夕絵どうろう祭り」では、京都を感じさせる雅やかな浮世絵や美人画が夜を彩り、秋の「大名行列」ではお殿様や鉄砲持ちの衣装で着飾った総勢300余名が豪華絢爛なパレードを繰り広げるのです。

小安峡 image by:yspbqh14/Shutterstock.com

そして湯沢というとみなさんが思い浮かべるのが温泉ですね。秋の宮温泉郷、小安峡温泉など、湯沢雄勝地域には名湯が多く集まっています。ここにきたら、温泉は確実に立ち寄りたいスポットです。


本業は某百貨店などのグルメ系イベント企画。日本全国をめぐりすぎて詳しくなってしまったため、紙・Webなど幅広くグルメ・旅行ライターをやっています。

SoftBank光 SB光への乗り換えで3.8万円キャシュバック&他社違約金も満額還元中!
保険見直し本舗 プロが無料で教える!無駄な保険をリストラしつつ保障を維持する方法
一生に一度は行きたい、美しき「小京都」5選【関東甲信越・東北エリア】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます