旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

大興奮。タイのバラマンディ釣りツアーに参加してみた【初心者向け】

Array
2020/01/20

1時間ほどで養殖池に到着

着いたらすぐに車で日陰を作り、机を用意してくれます。ツアー参加者は魚を釣る道具(タックル)の準備をするだけ。

image by:鳥山釣太郎

この日はバラマンディの活性が低いようで、ガイドさんがいろいろなルアーで試して釣れるパターンを探ってくれました。本当にシブかった…。

バラマンディ釣りで利用したタックルは?

今回用意したタックルは、すべて機内持ち込みができるサイズのものを用意。釣り竿(ロッド)をいくつかに分割することにより、コンパクトに収納できるパックロッドにしました。

結論、ロッドの硬さはMH(ミディアムヘビー)もあれば十分で、分割することにより強度が弱くなるともいわれるパックロッドでも、問題もなく釣ることができました。

image by:鳥山釣太郎

養殖池は水面がすぐそこなので玉網などを使って引き上げる必要もなく、バラマンディとのファイトを楽しみたい方はシーバスタックルで十分です。「シマノ(SHIMANO)スコーピオン 1602R-5」を利用しましたが、この番手でファイトをしっかり楽しめました。

ルアーを投げるリールであるベイトキャスティングリール(ベイトリール)は、ライン(糸)が絡まるバックラッシュが怖かったので、遠投性の高い「アンタレスDC」や「スコーピオンDC」など、高価なリールを用いました。

メコンオオナマズ image by:鳥山釣太郎

ラインが切れてしまうことを防ぐ機能であるドラグが5kgもあれば、実際には十分にファイトを楽しめます…という予定でしたが、ガイドさんもびっくりの想定外。メコンオオナマズがかかり大苦戦しました。

この大物ナマズのおかげで、5kgあるドラグはまったく効かず。もうここまできたら、ナマズが疲れるのを待つだけです。しかしロッドは折れる気配はなく…昨今のパックロッドは本当にすごいなと実感しました。

また仕掛けを飛ばしたり巻き取るスピニングリールは、ダイワの「レガリス LT5000D-CXH」という入門機を使用。問題なく楽しめます。ロッドは「シマノ ワールドシャウラ ツアーエディション 2754R-5」を使用。こちらも何の不安もなく釣ることができました。さすが、世界を相手にするワールドシャウラ。


image by:鳥山釣太郎

そしてラインですが、養殖池であればそこまで広くないので、PE5号を50m巻いておけば十分だと思います。リーダーはフロロカーボン60ポンドを用意しました。

バラマンディは歯が鋭く、釣れるごとにリーダーを確認して、ダメそうであればザラザラになったリーダー部分は切って、ルアーを結び直すことをおすすめします。

image by:鳥山釣太郎

もちろん、ラインの予備は持っていってくださいね。バラマンディ以外のチャドーやピラルクを釣る予定の方はPE5号で十分ですが、アンタレスDCやスコーピオンDCでは巻き量が少ないと感じるので、よりラインが巻けるリールがおすすめです。

いまなら「アブガルシア(Abu Garcia) ベイトリール REVO BEAST」がスペック的にもよさそうなので、いつか試してみたいですね。

ルアーはシーバス向けをメインに、ボトムを探るビックベイトも

image by:鳥山釣太郎

使用するルアーは各養殖池にてレギュレーションがあるので、注意してください。針のかえしがないバーブレスのフックはどこも必須なようです(筆者は返しをペンチですべてつぶしました)。

また、フックはルアー1カ所のみの場所が多いようです。2カ所以上ついているフックは、1カ所を残しすべて外します。フックの場所、長めのミノーは後方に、短いビックベイトは前方に付けましたが、あまり関係なかったように感じました。

養殖池はやはりスレてないので、基本なんでも釣れる印象です。トップで当たらない場合は、底をゆっくり巻くルアーが必要なので、ホッパーやミノー以外にもシンキングペンシル、ビッグベイト、バイブレーションも用意するといいですね。

ちなみに、標準の針だとバラマンディの強い引きで曲げられる可能性があるので、OWNERの「トリプルフック STBL-56TN」に入れ替えました。返しのないバーブレスなので、とても便利です。

ツアーならタックルのレンタルもあるので、初心者の方や、何を用意したらいいか不安な方、荷物が増えるのが嫌な方にも安心です。ルアーはガイドさんが販売してくれるので、申し込みの際にその旨を連絡すれば大丈夫です。

当日は午後5時まで釣りが可能でしたが、あまりの暑さに午後3時ごろに終了しました。午前11時スタートだったので4時間ほどの釣果ですが、結果はふたりでバラマンディ10匹となりました。

想像よりややシブい結果となりましたが、ガイドさんもビックリのメコンオオナマズがオマケで釣れたので良しとしましょう。調子いいときはひとりで20匹も釣れるようですよ。こればっかり運ですね。

ビーチリゾートやショッピングも楽しいタイですが、一風違ったレジャーを体験したいのならば、ぜひバラマンディ釣りをしてみてはいかがでしょうか。日本ではなかなか味わえない、エキサイティングな釣りを楽しむことができますよ。

バラマンディ釣りに使用したタックルまとめ

タックル1
・ロッド:ナマゾン C664MH 15669
・リール:シマノ (SHIMANO) ベイトリール 16 アンタレス DC HG
・ライン:PE5号
・リーダー:フロロカーボン60ポンド

タックル2
・ロッド:シマノ(SHIMANO) 19 バスロッド スコーピオン ベイトキャスティングモデル 1602R-5 5ピース
・リール:シマノ (SHIMANO) ベイトリール 17 スコーピオン DC
・ライン:PE3号
・リーダー:フロロカーボン60ポンド

タックル3
・ロッド:スピニングロッド ワールドシャウラ ツアーエディション バス 2752R-5
・リール:レガリス LT5000D-CXH
・ライン:PE5号
・リーダー:フロロカーボン60ポンド

  • image by:鳥山釣太郎
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※ご紹介した記事内の商品を購入すると、まぐまぐに売上の一部が還元されることがあります。
いま読まれてます

東京湾・相模湾を活動の中心として、アジやシーバスのほかタチウオやマダイなど魚種を問わず、主に海釣りを楽しんでいます。電車釣行がメインのためパックロッドを中心にタックルをそろえています。釣りの楽しみを少しでも日本中に広めたい!

大興奮。タイのバラマンディ釣りツアーに参加してみた【初心者向け】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます