旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

現代の桃源郷?日本からの移住先として「マレーシア」が人気の理由

坂本 正敬
坂本 正敬
2019/12/14

海外移住をいままでに考えた経験はありますか?

日本で生まれ育った方のなかには、旅行以外で日本から離れる(移住する)、あるいはこの島国に外国人が旅行以外で訪れる(移住してくる)となると、少し構えてしまうことがあるかもしれません。

しかし、そんな日本人にとっても移住先として常に人気の国があります。それが東南アジアの「マレーシア」ですね。

マレーシアとはマレー半島南部とボルネオ島の北部からなる国。赤道近くの常夏の国です。

今回は現地の人気ガイドMee Ling(ミー・リン)さんの紹介で、長期滞在可能なビザの申請者数が多い日系エージェントの「STEP1 Malaysia.com」の中村直輝さんに、マレーシアの人気の理由を聞きました。

13年連続でロングステイしたい国No.1「マレーシア」

クアラルンプールimage by:Shutterstock.com

マレーシアが移住先として人気があると、いままでテレビ番組やインターネット情報、書籍などで目にした経験がありますか?

「本当かよ?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、ロングステイ財団が行った調査「ロングステイ希望国・地域2018」によれば、マレーシアは長期滞在先として13年連続で1位を獲得しています。

同調査によると、マレーシアの人気が出てきた時期は2000年からだと分かります。当時はオーストラリアが人気1位で、2位はハワイ。なんとなく納得のいく国名ですよね。

しかし、2006年にマレーシアが1位に躍り出ると、その後はずっとマレーシアが1位。


image by:Shutterstock.com

阪本恭彦著『ご褒美人生マレーシア』(イカロス出版)によれば、2011年の東日本大震災以降はその傾向に拍車がかかって、マレーシアの人気が確かな地位を築くようになったといいます。

同じく2011年からは、タイもロングステイ先として2位に浮上します。1位がマレーシア、2位がタイという構図は2011年から変わらず、最近は台湾とフィリピンも上位につけてきています。

3位のハワイを除けば、全てアジアの国々。ハワイの物価の高さは有名ですから、比較的物価の安い近場の国が注目されているかもしれませんね。

翻訳家/ライター。1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の紙媒体、WEB媒体に日本語と英語で執筆する。 主な訳書に『クールジャパン一般常識』(クールジャパン講師会)。

現代の桃源郷?日本からの移住先として「マレーシア」が人気の理由
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 いつか夢みた、着物デート。新たな彼の一面を知った金沢旅
 鹿児島 「ぶり奨学金」でお父さんも幸せ。日本一若い副町長の長島町改革 ★ 231
 和歌山 「移住計画」の発起人が大切にする、住んでる僕がまちを好きになること ★ 43
 全国 【決定】日本人が最も住みたい田舎ランキング、総合1位は鳥取市 ★ 1817
 ニュージーランド 【漫画】ニュージーランドに移住した日本人のリアルなファーム生活 ★ 73
 名古屋 2000人の村に希望者が殺到!?「仕掛け人」が語る、地域移住のススメ ★ 26