旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

これ知ってる?情緒あふれる、美しい「雨の呼び名」10選

ニッポン津々浦々
ニッポン津々浦々
2019/05/14

第6位 淫雨(いんう)

image by:beeboys/Shutterstock.com

第6位にランクインしたのは「淫雨」です。「」という漢字がつくとなんだかモヤモヤしてしまいますが、いかがわしさはまったくなく、長く降り続く「長雨」をさします。

「淫」という漢字には「度を越して長く続く、物事にふける」という意味もあり、これからくる用字だと考えられますね。

第5位 五月雨(さみだれ)

image by:SAND555UG/Shutterstock.com

第5位には「五月雨」がランクインしました。旧暦5月ごろに降る長雨のことなので、五月(5月)と書きながら、実は現在の新暦だと6月ごろの雨、つまり梅雨にあたる雨だったりします。

物事を小出しに連続的に出してくるさまを表すとき、「五月雨式に」などと使われたりすることがありますね。

五月雨に対して同じ時期の晴れをさす「五月晴れ(さつきばれ)」という言葉がありますが、こちらは五月雨以上にいまの暦での5月こととして使われる場合も多くなっています。

そのため、「ごがつばれ」とも読んで、本来の用法と使い分けするようになってきていますね。

第4位 時雨(しぐれ)

image by:Peera_stockfoto/Shutterstock.com

第4位にランクインした「時雨」は、晩春から初冬にかけて、しとしとと降ったりやんだりしながら長く続く雨をさします。

ただし、無数のセミが鳴きたてる状態を時雨にたとえた言葉「蝉時雨」は、夏の時期の言葉です。


本業は某百貨店などのグルメ系イベント企画。日本全国をめぐりすぎて詳しくなってしまったため、紙・Webなど幅広くグルメ・旅行ライターをやっています。

これ知ってる?情緒あふれる、美しい「雨の呼び名」10選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ