旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

龍も走るぜ。ちょっぴりユニークな鉄道路線の「愛称」ランキング

ニッポン津々浦々
ニッポン津々浦々
2019/05/15

第3位 ゆうゆうあぶくまライン(JR東日本磐越東線)

image by:photoAC

第3位にランクインしたJR東日本磐越東線の愛称である「ゆうゆうあぶくまライン」です。「あぶくま」とはこの路線が走る福島県から茨城県北部の名称なんだそう。

「あぶくま」をゆったり、「ゆうゆう」と走る列車だと、のんびり楽しむ一人旅にあいそうなイメージが湧きますね。

第2位 ドラゴンレール大船渡線(JR東日本大船渡線)

image by:photolibrary

第2位にはJR東日本大船渡線の愛称である「ドラゴンレール大船渡線」がランクインしました。

ドラゴンとはなかなか子ども心をくすぐるワードですが、曲がりくねって長く続く線路をにみたてて名付けたそうです。

第1位 ごめん・なはり線(土佐くろしお鉄道)

image by:photolibrary

さて、いよいよ第1位です。1位には土佐くろしお鉄道の愛称である「ごめん・なはり線」が選ばれました。これはそのまま、「ごめんなはれ」と謝っているように聞こえるダジャレネーミングです。

しかしよくよく調べてみると、始発の後免(ごめん)駅と終点の奈半利(なはり)駅を合わせただけなのです。このネーミングが閃いた瞬間、きっと「なるほど!」「ハマった!」とテンションが上がったのではないでしょうか。

こうしてみてみると、ちょっと変わっているからこそインパクトがあり、その路線や周辺のPRに役立っているのではと感じますね。ダサい!というきっかけでも、そのエリアを旅してみれば魅力がきっと見つかるはず。

気になる路線があれば、列車旅に出かけてみてはいかがでしょう?

source:gooランキング


image by:photolibrary(SLばんえつ物語/森と水とロマンの鉄道)

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

本業は某百貨店などのグルメ系イベント企画。日本全国をめぐりすぎて詳しくなってしまったため、紙・Webなど幅広くグルメ・旅行ライターをやっています。

龍も走るぜ。ちょっぴりユニークな鉄道路線の「愛称」ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい