旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

まさかHな言葉に!?海外で日本人が言っちゃいそうな「NGワード」

Array
2021/03/10

ママ、タイかな?/フィリピン語

image by:Shutterstock.com

次はフィリピン語(フィリピノ語)。新型コロナウイルス感染症の影響が収まり、海外旅行が再び自由に楽しめる時代になったら、フィリピンの首都マニラにあるすし屋に行く場合があったとしましょう。

その旅行が家族旅行だったとき、すしネタを決める際に、子どもが「ママ、タイかな?マグロかな?それともブリかな?」などと口にする瞬間もあるかもしれません。

この何気ない会話、フィリピンの人がいる場面では、ちょっと要注意したほうがよいでしょう。

ママ、タイかな?」という言葉は、フィリピン語で「Mamatay ka na.」に聞こえる可能性が高いです。

image by:Shutterstock.com

英語圏の人が利用する『Tagalog Dictionary』というオンライン辞書で「Mamatay」を調べると、「die(死ぬ)」と書かれています。

「ka」は「you(あなた)」、「na」は「now(今)、already(すでに)」です。

要するに、『北斗の拳』風にいえば、「Mamatay ka na.」で「おまえはすでに死んでいる」といった意味になるのですね。

「ママ、タイかな?」という何気ない日本語が、奇跡的にフィリピン語でもきちんとした文章になっていると思うと、その偶然にちょっと感動すらしますよね?

フィリピンの人は日本にも大勢います。今度フィリピンの人と身近な場所で会話する機会があれば、ぜひとも本人に確かめてみてくださいね。


いま読まれてます
 海外 なぜ、ナイアガラの滝はあんなに大きい?カナダに隠された4つの謎 ★ 29
 富山 ドキドキの共有で、恋は加速する。富山県「恋する灯台」への道 ★ 162
 海外 まさかそんなことが…?カナダで日本人が感じたカルチャーショック ★ 28
 石川 マスター、いつもの。地元民も外国人も通いつめる「和酒BAR縁がわ」 ★ 76
  世界一美しい「スターバックス」も。日本全国のリージョナルランドマークストア6選 ★ 28
まさかHな言葉に!?海外で日本人が言っちゃいそうな「NGワード」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます