旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

まさかピザ釜まであるとは。動いて作って販売する「キッチンカー」

御田けいこ
御田けいこ
2018/10/02
トヨタがクロネコヤマトの宅配車として作ったクイックデリバリー

私が普段、オフィス街でよく見かけるキッチンカーは「クイックデリバリー」というクルマです。もともとトヨタがヤマト運輸の宅配用に開発した車種で、今ではキッチンカーの主流となっています。

今回、キッチンカーについて、飲食出店に特化したサイト「イベント.JP」を運営し、飲食に関するイベント出店者の募集をはじめ、イベント管理や自社でも飲食出店を行う株式会社グリッドの牛嶋大輔さんに話を伺いました。

「クイックデリバリーをキッチンカーに改造して用いたいという方は多いですね。ただし最近では購入希望者が多いので、市場に出回る数も少ないし、状態の良いものを入手するのは簡単ではないかもしれません」と牛嶋さん。

お話を参考に、注意してキッチンカーを見てみると、クイックデリバリー系が巷に多いこと!(あまりに見すぎて、クロネコヤマトの宅配車までキッチンカーに見えてしまった…)

キッチンカーとして人気のある車種は、中古車屋やクルマのオークションなどを利用して手に入れる人が多いそうです。

入手するのに競争率の高いクイックデリバリータイプをはじめ、マイクロバスや3tトラックなど、キッチンカー用のクルマは排水、電気、照明、冷蔵庫、保冷庫、保温庫、シンク他を整備して使われます。さらに、保健所での開業許可と都道府県ごとに営業許可を取らなければなりません。

会社でレンタル用のキッチンカーを所有している牛嶋さんは「車内はスペースが限られているので、業務の効率を図るためにコード1本で電気が通るようにしています。床はそのままお水で洗えるよう、鉄板を貼るオーナーさんが多いですね」と話してくれました。

個性豊かなキッチンカーを紹介

フォルクスワーゲンを改造したキッチンカー

こちらのトロトロの豚の角煮を挟んだ「長崎角煮バーガー」を販売するのは、ヴィンテージ・フォルクスワーゲン(1965年製)・タイプ2(ワーゲンバス)を改造した移動販売車。女性オーナーが所有しています。

車内にゆとりのあるマイクロバスタイプ

マイクロバスタイプ」はスペースにゆとりがあるので、車内に調理室を作ることも可能。車体に塗装したり、ラッピングすることで宣伝効果が期待できます。


御田けいこ

人生の設定は「いつでも、どこでも、食いしん坊バンザイ!」。人に会い、土地を歩き名物にふれ、郷土の味をあじわいつくす、をテーマに今日もどこかを踏みしめ歩いています。広島県生まれ。

まさかピザ釜まであるとは。動いて作って販売する「キッチンカー」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 その他のエリア 韓国人と中国人が気になっていた、日本とは微妙に違う礼儀作法 ★ 242
 国内 いまだにFAXって…外国人から見たニッポンのがっかりなところ ★ 246
 海外 【リアル孤独のグルメ 台湾篇】親日の台湾で見つけた不思議な「日本料理店」 ★ 133
 韓国 【韓国】BIGBANGファンも巡礼、YG社長が経営する本場サムギョプサル店 ★ 29
 全国 あなたはどっち?究極の2択に悩むご当地グルメお取り寄せランキング ★ 9
 関東 秋の紅葉もセットに。日帰り「フルーツ狩り」が空前のブーム ★ 57