旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

1年に2回、9日間だけ。美しい紅葉と桜が広がる「皇居乾通り一般公開」

Haru
2018/11/10

2014(平成26)年より、春の桜の時期と秋の紅葉の時期に始まった、「皇居乾通り一般公開」。美しい桜や紅葉を楽しめるだけでなく、普段は目にすることができない乾通りの一般公開は、訪れる人の多くを魅了してやみません。

もうすぐ平成が終わることから、平成最後の一般公開として、2018年秋には多くの来場者が見込まれるでしょう。そんな魅力あふれる皇居乾通りの一般公開について、さっそくご紹介していきます。

皇居乾通りの一般公開とは

image by:TokyoSky/Shutterstock.com

1年に2回だけ、桜と紅葉の季節に開放されるのが「皇居乾通り一般公開」です。乾は北西の方向を指す言葉であり、皇居から見て北西に位置する「乾門」と、その前に伸びている道が「乾通」といいます。

普段は通ることが出来ない乾通りですが、2014年に今上(平成)天皇傘寿の記念として、桜と紅葉の時期に一般公開がされるようになりました。いずれの時期も20万人以上もの人が訪れており、多くの人がその美しい景色を楽しんでいます。なお、一般公開の開催日数は一週間程度なのでいずれも混雑しますが、朝の開場すぐであれば待ち時間が少なめです。

image by:mTaira/Shutterstock.com

入場は江戸城内郭門の一つであり、現在の宮内庁の出入り口になっている「坂下門」からのみになります。坂下門の手前では荷物検査やボディチェックが行われます。 坂下門から乾門までの距離は約750mですが、桜や紅葉を見ながらの飲食は禁止されています。

一般公開中は非常に混みます。最寄りの二重橋前駅からは、通常時であれば15分程度で到着できますが、一般公開時の時間帯によっては、二重橋前駅から坂下門まで約1時間30分もかかることが。時間に余裕をもって早めにいくのがおすすめです。

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

1年に2回、9日間だけ。美しい紅葉と桜が広がる「皇居乾通り一般公開」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 国内 あの絶景を鉄道で。憧れの全国「観光列車」ランキング TOP10 ★ 348
 国内 心奪われる秋の絶景。日本の美しい紅葉スポット10選 ★ 293
 国内 秋の絶景を車窓から。紅葉に出会えるローカル列車の旅 ★ 705
 広島 かつて「地図から消された島」が大人気。伝説のうさぎ島を訪ねて ★ 184
 東京 ニッポンを愛する外国人が撮った、エキゾチックすぎるTOKYO ★ 120