旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

勘違いされちゃうかも。海外で日本人がいいそうな「NGワード」

Array
2020/09/12

加賀まりこ/スペイン語

イメージです。image by:Shutterstock.com

女優の加賀まりこさんをご存じでしょうか?先ほどのSEGAと同じくらい、あるいは年代によってはSEGA以上に知名度の高い女優さんですよね。

過去の出演作一覧を見ましたが、あまりにも多すぎて、何を代表作と呼べばいいのか途方に暮れてしまうほど、映画にもテレビにも、バラエティ番組にも、テレビコマーシャルにも出演しています。

そうなると、海外から遊びに来た外国人と一緒にテレビを見ていて、「Who is she?」などと聞かれるかもしれません。まあ、そんなシチュエーションはよほど限られた人にしか訪れなさそうですが。

英語圏の人には「She is an actress and her name is Mariko Kaga.(彼女は女優で名前は加賀まりこだよ)」などと、答えると思います。

しかし、その友だちがスペイン人だった場合は、要注意。スペイン語で「Quien es ella?(彼女は誰ですか?)」と聞かれて、「Ella es Mariko Kaga.(彼女は加賀まりこです)」と答えると、一瞬スペイン人は言葉を詰まらせるかもしれません。

イメージです。image by:Shutterstock.com

しかも、スペイン語とイタリア語は、とても似ています。会話相手のスペイン人がイタリア語にも詳しく、先ほどの「一緒に家でSEGAでもしよう」という誘いがあった上での会話だとすれば、そのスペイン人は疑心暗鬼になるかもしれません。

スペイン人にとっては、「Mariko Kaga」は「Maricon Cagar」、もしくは「Maricon Caca」に聞こえるそう。

『西和中辞典[第2版]』(小学館)によれば、Mariconは俗語で「ホモセクシャル、同性愛の男」という意味があり、 cagarは動詞で「(俗)くそをする、くそを垂れる」といった意味があると書かれています。一方のcacaは幼児語で「うんち」。

両者を組み合わせると「同性愛者(maricon)がくそをする(cagar)」だとか、「同性愛者のうんち(caca)」という意味になるのだとか。同性愛者のかたにも失礼ですし、下品な言葉なので、相手が誤解を覚える前に、日本語の意味を正確に伝えたいですね。


ちなみにブラジル人で世界的に有名な「カカ」という愛称のサッカー選手は、うんちを意味するcacaではなく、kakaとつづりを修正したのだとか。

いま読まれてます
勘違いされちゃうかも。海外で日本人がいいそうな「NGワード」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます