ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

60代の半分以上がスマホに。ガラケーを辞めたシニアにあるプライド

松本すみ子
松本すみ子
2017/08/09

ショッピングにSNS、そしてポケモン

では、シニアは、スマホを何に利用しているのだろうか

先のモバイル調査では、普段利用しているサービスを質問している。結果、最も多いのはメール、次が動画、3番目がショッピングとなった。以下、Facebook、レシピやグルメの検索と続いている。(図4&図5参照)

図4
図4
図5
図5

 

シニア世代の私としては、この結果にはほぼ納得だ。メールはガラケー時代からの主要な利用法で、これなしにはスマホを持つ意味がない。また、映画の予告編とかYouTubeでの各地のイベントなどは動画でよくチェックする。仲間のジャズ演奏などを動画に撮って、Facebookにあげたりもする。ショッピングに関しては、夜中の通販番組をTV画面で見ながら、注文はスマホだ。

 

そして、シニア世代にダントツ人気のSNS・Facebookは個人ページだけでなく、活動をアピールするFacebookページも活用して、アクティブシニアには欠かせないツールとなっている。(「シニアはなぜfacebookを好むのか」を参照)

 

意外なのは、読書という項目が登場しないこと。タブレットの調査なら登場するのだろうか。そもそも、文字を読むにはスマホの画面は小さ過ぎる。加えて、シニアは視力の衰えと共に文字を読むこと自体がおっくうになって、読書の機会が少なくなっていく。そして、紙媒体にはまだ愛着がある。読書が登場しないわけだ。

 

逆に、意外に利用されているのがポケモンだ。ネット行動分析調査によれば、ポケモンの利用者が最も多かったのは2016年7月の1100万人。それが2017年6月には442万人と半数以下に減った。ところが、50代は11%から15%、60代は6%から10%とむしろ数字は増えている。ただ、これは若い世代が減少した一方で、シニア世代は継続しているので、割合が上がっただけではないだろうか。

 

一度始めたものは長く利用するというシニア世代の利用傾向が、ゲームに関しても実証されたということかもしれない。

松本すみ子

シニアライフアドバイザー。2000年から団塊・シニア世代のライフスタイルや動向を調査し、発信中。全国各地の自治体で「地域デビュー講座」の講師なども務める日々。当事者目線を重視しています。
http://www.arias.co.jp/

60代の半分以上がスマホに。ガラケーを辞めたシニアにあるプライド
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
ジャルカード さあ梅雨があけた。今年の夏こそ行ってみたい、日本の美しき離島
 全国 なぜシニア世代は「Facebook」を好むのか? その理由に思わず納得 ★ 1903
 全国 「ありがとう」がもらえる仕事。リタイア世代が始めた介護タクシー ★ 79
 北アメリカ 全員が60歳以上。シニア劇団「すずしろ」がNY公演を実現した奇跡 ★ 30
 全国 余った人生で世の中を助ける…リタイア世代の「街おこし」成功例 ★ 44