旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

探検家を募集中。東京湾アクアラインの立入禁止「海底トンネル」

Haru
2019/09/01

神奈川県川崎市から千葉県木更津市を結ぶ「東京湾アクアライン」。東京湾の中央部を横断する延長約15.1kmの有料道路は、関東人にとっては美しいドライブスポットでもあり、神奈川と千葉を短時間で移動できる主要な道路としてもおなじみです。

image by:Shutterstock.com

この東京湾アクアライン、実は2019年の1月から海の中のトンネルをガイド付きで探検できる「東京湾アクアライン裏側探検」が個人客向けに週に2回、団体客向けに週2回とそれぞれ行われているんです。

普段は関係者以外立ち入り禁止の海底トンネルに侵入できる体験は、ワクワクとドキドキでいっぱい。そこで今回は、アクアラインの裏側に本当に侵入できる海底トンネル見学について紹介していきます。

そもそも、東京湾アクアラインとは何?

image by:Shutterstock.com

関東近郊に住む人にはおなじみの東京湾アクアラインですが、普段ドライブをしなかったり、地方に住む人には「名前は聞いたことはある」くらいの認識かもしれません。まずは東京湾アクアラインについて簡単におさらいしておきましょう。

東京湾アクアラインとは東京湾の中央部をまっすぐに横断する高速道路のこと。神奈川県川崎市側は10kmの海底トンネルのなかを走り、人工の島「海ほたる」を経て千葉県木更津市に入り、海の上を走る道路です。1997年12月18日に開通しました。

image by:oasis2me / Shutterstock.com

この東京湾アクアラインは、世界最大級の海底シールドトンネルとしても知られており、その強靭さは東日本大震災でも実証されました。トンネルの掘削に使用したシールドマシンのカッターの実物は、そのままモニュメントとして展示されています。

海底トンネルツアーは大人でも大興奮

海底トンネルツアーは、もともとは毎年8月にアクアラインのパーキングエリア「海ほたる」で開催されるサマーフェスティバルの際に人数限定で行われているものでした。

毎年、すぐに定員に達してしまう大盛況のイベントだったのが、2019年から定期的に実施されることになりました。大人にとっては防災の知識を得るきっかけに、子どもたちにとっては未知のトンネルへの冒険として、学びと喜びの詰まったツアーです。

image by:PR TIMES

東京湾アクアライン裏側探索は予約制

ツアーは、個人向けには毎週火曜と水曜に実施されています。1回で20人と小規模のため、必ず予約が必要になり、予約は公式HPからできます。


開催月から2カ月前の予約分が毎月1日の10時から開始されるスタイルなので、早めに計画を立てておくのがベター。開始直後は予約が殺到して回線が混雑していることも多いので、少し時間を置いてからアクセスするのがおすすめです。

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

探検家を募集中。東京湾アクアラインの立入禁止「海底トンネル」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい