旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

神が降臨した島。沖縄うるま市の離島「浜比嘉島」に旅人が惹かれるワケ

Array
2018/08/15

続いて訪れたのは、ムルク浜 

ムルク浜

ムルク浜は、透明度の高い海、白砂の美しいビーチという沖縄ならではの美しい浜です。 実はこの日、沖縄は海開きしたばかり。 

ムルク浜の透き通った海

「プライベート感のあるこの浜で泳げたら、さぞかし楽しかろ〜よ」と、水着を持ってこなかったことを少々うらめしく思ったりしました。ちなみにムルク浜では海水浴をはじめ、シュノーケリングなどのマリンスポーツも楽しめるそうです。 

ムルク浜で癒されたあとは、アマンジという小島へ行ってきました。ここはアマミチューのお墓がある場所です。今はコンクリートの道が渡されていますが、昔は干潮の時だけ渡ることができたそう。

小島を囲むように、ボッティチェリの描いたヴィーナスの貝殻を大きくしたような造形を思わせる奇岩が海からニョキッと生えていました。ここが聖域であることを物語るような神秘的な造形。

渡ってきた道路の反対側には洞窟があります。その一帯がアマミチューのお墓です。

アマミチューのお墓

ここでは毎年お正月になるとノロ(祝女)を中心に、五穀豊穣や無病息災、子孫繁栄などをを祈願する祭祀が行われています。この小島の海の向こうには、さっき通ってきた浜比嘉大橋が見えます。

奥には浜比嘉大橋が

テクノロジーの結晶である大きな橋と人工的なものは何もない聖なるアマンジは、その存在が対極にあるような気がしました。琉球開闢という果てしない昔、ここにはどんな風景が広がっていたのでしょうか。

アマンジを後にしばらく車を走らせると「東の御嶽(あがりのうたき)」と書かれた看板が見えました。なんとなーく「呼ばれてる!?」と感じたもので、車を降りて小道を進んで行くと…

生い茂るガジュマル

そこに広がっていたのはガジュマルの大木が作りだす別世界でした。生命力のみなぎるガジュマルの枝や幹、根っこまでもが縦横無尽に伸びています。


力強く広がるガジュマルの根っこ

ガジュマルが天をさえぎり、緑の薄闇を作りだしているこの場所は、個人的に島の中で一番聖なる空気を感じたところでした。

天を遮るガジュマルたち

東の御嶽では旧暦の6月28日と8月28日に「シヌグ祭り」が行われます。この祭りは海のシケから土地の人々を守るためのもので古くから続く伝統行事です。

浜比嘉島は半日もあれば、聖なる場所をいくつも巡ることができます。今回は日帰りでしたが、島内には「ホテル浜比嘉島リゾート」をはじめ、宿泊場所も何箇所かあります。また次回訪れることがあれは、ぜひ泊まってみたいと思いました。きっと泊りがけで訪れると、知られざる「島の顔」をいくつも見ることができるような気がします。

うるま市 海中道路・離島観光情報サイト

  • image by:御田けいこ
  • 掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

人生の設定は「いつでも、どこでも、食いしん坊バンザイ!」。人に会い、土地を歩き名物にふれ、郷土の味をあじわいつくす、をテーマに今日もどこかを踏みしめ歩いています。広島県生まれ。

 全国 峠には歴史があるんだ。全国2954の峠を巡った研究家による完全ガイド本 ★ 218
 滋賀 待ってろよ絶景。滋賀で出会える3つのスペクタクルな景色 ★ 151
 千葉 神レベルのイケメンを探しに。九十九里浜近くに佇む「白子神社」の秘話 ★ 16
 沖縄 そろそろ沖縄恋しい。日本の美しき離島「石垣島」で早くも海開き ★ 148
 沖縄 何もない贅沢。沖縄最北の地にひっそり存在する隠れ宿「空の間indigo」 ★ 138
 沖縄 那覇空港から15分で行ける離島、沖縄の新名所「ウミカジテラス」へ ★ 33
 沖縄 岡本太郎も衝撃を受けた。沖縄の何もない聖地「御嶽」の気を体感する ★ 100
神が降臨した島。沖縄うるま市の離島「浜比嘉島」に旅人が惹かれるワケ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます