それ、Hな言葉かも…日本人が海外でいいそうな「NGワード」

Array
2021/01/27

その結果/イタリア語

イタリアの都市・ヴェネツィア image by:FredP / Shutterstock.com

次は「イタリア語」で注意したい単語について。筆者は大学生のときに、一瞬だけイタリア語を学んだ時期があります。大学に講演に来たパンツェッタ・ジローラモさんの話を聞いた直後に、イタリア語を勉強したくなったわけです。

その際、いくつか例文を覚えました。いまでも覚えている文章といえば、「Sono di Nagano.(私は長野出身です)」です。別に筆者は長野出身でもなんでもないですが、言葉の響きが覚えやすく頭に残っています。

この「Sono」という言葉、『伊和中辞典』(小学館)を調べると、原型は「essere」だと分かります。

英語でいえば「be動詞」。そもそも「esse」とはラテン語で「~である」という根源的な意味を持ち、英語では「essence(エッセンス)」「essential(エッセンシャル)」にも表れています。

image by:Shutterstock.com

「be動詞」と同じという点からも分かるように、「am」「are」「is」のように、主語によって変化をします。

イタリア語の場合は、「sono」「sei」「e(正しくはグレイヴアクセントが付きます)」「siamo」「siete」などと変化し、主語が「私」の場合は「sono(ソノ)」が来ると決まっています。

逆に「sono」が来れば主語は「io(私)」だと分かるため、多くの場合で省略するのですね。

結果として、「その結果」という日本語は、「(Io) sono ケッカ」と聞こえる話になります。先ほどの『イタリア語辞典』を調べると、「ケッカ」という音で「checca」が出ています。調べると女性名詞で、「(女役の)男性同性愛者」と書かれています。

「SONO FELICE」は「私は幸せです」という意味 image by:Shutterstock.com

なかなかイタリア人を前にして、「その結果」という言葉をつかう文脈は考えられませんが、片言の日本語が話せるイタリア人に日本の歴史を聞かれて、「その結果、日本は鎖国を終わらせた」などというシーンがあるかもしれません。


必死に日本語を理解しようと耳を傾けていたイタリア人が、「その結果」の部分だけ偶然の響きに驚いてしまうかもしれませんが、これは大変失礼な言葉です。相手が誤解を覚える前に、日本語の意味を正確に伝えたいですね。

いま読まれてます
 カナダ カナダで愛される定番グルメ。現地の人に聞いた「おふくろの味」は? ★ 70
 海外 なぜ、ナイアガラの滝はあんなに大きい?カナダに隠された4つの謎 ★ 36
 海外 まさかそんなことが…?カナダで日本人が感じたカルチャーショック ★ 122
 国内 外国人がなぜスイカバーにハマる?世界が羨むニッポンのすごい菓子 ★ 167
 国内 外国人が日本でショックを受けた、その理由は?【2020年8月人気記事】 ★ 40
エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
それ、Hな言葉かも…日本人が海外でいいそうな「NGワード」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます