それ、Hな言葉かも…日本人が海外でいいそうな「NGワード」

Array
2021/01/27

おかか/スペイン語、イタリア語、ポルトガル語

イタリアのモナステロ地中海 image by:Shutterstock.com

イタリア」や「スペイン」から来たホームステイの留学生、あるいはスペイン語を話すアルゼンチンの留学生や、ポルトガル語を話すブラジルからの留学生を自宅にホームステイさせ、一緒に朝ご飯を食べたとします。

そのとき、あなたが白ご飯にふりかけをかけていたので、相手から「それ何?」と聞かれたとしましょう。日本文化を詳しく教えてあげようと、親切心から「ふりかけ、おかか」と伝えました。

相手の日本語レベルにもよりますが、この言葉を聞いたとき、恐らく「ふりかけ」の意味が分からず、その後の「おかか」だけ理解すると予想されます。

おかか」はスペイン語やイタリア語で「o caca」と聞こえるからですね。

image by:Shutterstock.com

『西和中辞典』(小学館)によれば、「o」は接続詞で「または」「あるいは」という意味が書かれています。

英語の「or」ですね。「caca」は女性名詞の幼児語で「うんち」「汚いこと、もの」「がらくた、くだらないもの」といった意味が掲載されています。

話を整理すると、「furikake o caca」と聞こえた相手には、言葉が脳内で「furikake(?)o(または)、caca(うんち)」と翻訳されるはず。

「furikake」の意味が分からない分だけ、等位接続詞の「o」が効いてきて、「furikake」の言い換えが「caca」になると解釈されるはずです。

image by:photoAC

その結果(イタリア語ではありませんよ)として、「furicake」とは「caca(うんち)」の一種で、白いご飯にまぶす茶色い粉は、乾燥した「うんち」の一種だと理解される恐れも、万に一つあるのですね。


真顔で日本人が「おかか」と称する茶色い何かを白いご飯に振りかけている姿を見て、スペインやイタリアの人は、ちょっと言葉に詰まるはず。ひとりになったときにすぐ、インターネットで検索し、本当の意味を理解して笑うに違いありませんね。

いま読まれてます
 カナダ カナダで愛される定番グルメ。現地の人に聞いた「おふくろの味」は? ★ 70
 海外 なぜ、ナイアガラの滝はあんなに大きい?カナダに隠された4つの謎 ★ 36
 海外 まさかそんなことが…?カナダで日本人が感じたカルチャーショック ★ 122
 国内 外国人がなぜスイカバーにハマる?世界が羨むニッポンのすごい菓子 ★ 167
 国内 外国人が日本でショックを受けた、その理由は?【2020年8月人気記事】 ★ 40
エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
それ、Hな言葉かも…日本人が海外でいいそうな「NGワード」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます