旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

狐じゃなくてゴリラが結婚。日本と海外でこんなに違う一般常識

Array
2020/07/22

「旅は道連れ」を世界では何ていう?

image by:Shutterstock.com

続いての旅に関することわざは、「旅は道連れ」です。正確には「旅は道連れ、世は情け」。旅では道連れ同士が助け合うべきという意味で、道連れがいると楽しく過ごせるといった意味でも使われています。

こちらも、さまざまな言い回しがあることがわかりました。

楽しい道連れは馬車と同じ/イギリス、フランス、イタリア

陽気な道連れは旅の音楽/イギリス

良い道連れは一番の近道/イギリス

image by:Shutterstock.com

連れが良ければバグダッドもすぐそこだ/トルコ

おしゃべりは道を短くする/ロシア、オランダ

まず道連れを探し、次に道を探せ/アフガニスタン

旅に出る前に道連れを探せ/ウイグル族

西へ行く人がいたら一緒に行こう。ふたり妻を持つ人がいたら一緒に語り合おう/オルドス

餃子にははしが要り、旅には道連れが要る/中国

image by:Shutterstock.com

このように世界にはいろんな言い回しが存在しています。

個人的に気に入った表現は、中国とアフガニスタン。「まず道連れを探し、次に道を探せ」などは、とてもいいですよね。ちなみに一覧のオルドスとは、

<中国内モンゴル自治区の一部>(岩波書店『広辞苑』より引用)

とあります。世界地図で調べると、中国大陸の内部で黄河が大きく湾曲している部分の内側にあると分かります。北京から見ると西に600kmほど行った高原地帯にあるまち。

オルドス人はもともと遊牧民であったものの、定住化プロジェクトで暮らしの変化を求められていると聞きます。

対外的には近代化に成功した都市として発表されていますが、一方で遊牧民の暮らしは失われてしまった様子。それでも遊牧民時代を連想させる旅のことわざには、独特の説得力が感じられますよね。

今回は、日本では当たり前のように広く知られているけど、世界では全く異なる一般常識などについてご紹介してきました。

2020年7月現在、新型コロナウイルス感染症の影響で気軽に世界へ出かけることが難しい状況が続いていますが、海外旅行できない状況だからこそ、世界の知られざるカルチャーに触れて知見を深めていきたいですね。


そして「座右の銘」のように、何かお気に入りの言葉があれば、その言葉を世界ではどのように表現するのか、調べてみると世界観が広がるかもしれませんよ。

いま読まれてます

翻訳家/ライター。1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の紙媒体、WEB媒体に日本語と英語で執筆する。 主な訳書に『クールジャパン一般常識』(クールジャパン講師会)。

 国内 人魚のモデルになった深海魚。福井で2匹が目撃された「リュウグウノツカイ」 ★ 311
 国内 広島県民は「ワニ」を食べる?年末年始に食べたい、おもしろ県民フード ★ 155
 東京 なぜ東京・月島は「もんじゃ」のまちになったのか?その歴史と由来 ★ 231
 石川 自力脱出不可?仕掛けだらけの迷宮、金沢「忍者寺」の魅力 ★ 141
 石川 290人の名探偵を輩出。金沢にある日本初の「ミステリーカフェ」 ★ 68
狐じゃなくてゴリラが結婚。日本と海外でこんなに違う一般常識
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます